Movie

【観賞後レビュー&満足度ランキング】11月13日公開作品 – ReBoooT’s Weekly Ranking

週金曜日にアップした記事の通り、期待を膨らませた3本を劇場で観てきましたので、実際観た後の満足度をレポートします。北村匠海、小松菜奈、吉沢亮出演の『さくら』、あゝ荒野で熱演が光った韓国の名優ヤン・イクチュン主演『詩人の恋』、武正晴監督 波留主演の『ホテル・ローヤル』です。
Movie

『あのこは貴族』- 東京に存在する電車に乗る人と乗らない人【東京国際映画祭レポート】

『あのこは貴族』映画鑑賞レビュー。映画というのはそもそもの登場人物における背景設定がとても重要な要素だと思います。今作は山内マリコの小説「あのこは貴族」<集英社文庫>を原作としていますが、その登場人物の背景設定と物語における交差点のつくりが秀逸で、静かな物語展開ではあるものの十分に引き込まれました。
Movie

【新作期待ランキング】11月13日公開映画 – 予告編で決める今週観に行く3本

予告編だけを見て、今週観たい作品を決めます。今週は「水上のフライト」「さくら」「THE CAVE サッカー少年救出までの18日間」など気になっていましたが、予告編を一通り見て、3本観たいものを決めました。見どころをピックアップしつつチョイスした作品を紹介します。
Movie

『私をくいとめて』のんが魅せる最高のおひとり様のおもしろさ【東京国際映画祭レポート】

綿矢りさ原作 × 大九明子監督コンビの最新作。(俳優として)能年玲奈名義の『海月姫』以来 6 年ぶりに主演の のん、さらには『あまちゃん』以来の のん × 橋本愛 の共演と、話題に事欠かない今作。軽快なテンポとリズミカルな掛け合いはシュールで笑える要素が満載です。
Movie

『滑走路』踏みとどまり、振り返り、また前を向く【東京国際映画祭レポート】

歌人・萩原慎一郎による「歌集 滑走路」をモチーフにしたオリジナルストーリーで展開される映像作品です。本作は「歌集 滑走路」が生んだ萩原さんの一部の魂であり、それを感じることで人との繋がり、社会との繋がりに自分自身無理してないか深呼吸するようなきっかけになる映画だと思います。
Movie

『ジョゼと虎と魚たち』作画もストーリーも色彩に溢れた夢のようなアニメーション【東京国際映画祭レポート】

ある日、大学生の恒夫が助けた車椅子の女性、ジョゼ。夢のために貯金したい恒夫は、お婆さんとジョゼとの2人暮らしのその家でジョゼの 言うことを聞く”管理人”のバイトを始める。偏屈で口の悪いジョゼだが、”管理人”を通して外の世界を徐々に知り始める。17年前に涙したあのラブストーリーをアニメーションで水々しくリバイバル。
Movie

『君は永遠にそいつらより若い』普通に傷ついている普通の人のための映画【東京国際映画祭2020レポート】

「全然大丈夫じゃないのに、「大丈夫」って言ってしまう人の映画を撮りたかった」吉野監督の語ったとおりの映画です。あえての薄っぺらさを振りかざすホリガイを佐久間由衣、不思議な奥行きを持った猪乃木さんを奈緒。2人の共演は絶妙な空気感を醸し出していました。
Movie

『アンダードッグ』惰性の噛ませ犬の負け様を見届ける【東京国際映画祭2020レポート】

主人公、末永晃は自分よがりで他人を思いやらず、自分の都合の良いところに落ち着くための偽善な優しを他人に向けたり。一歩歩みを間違えれば自分もなり得るアンダードッグがスクリーン上にいるため観客はこの末永晃に目を奪われ、気持ちを近くしてしまう気がします。
Movie

『アフター・ラブ』同じ男性を愛した妻と愛人の愛の物語【東京国際映画祭レポート】

イギリスに住むパキスタン人の夫を持つ妻。夫のために改宗し、生活様式も風習も合わせ、子どもはいないが、幸せに暮らしていた夫婦生活。突然に夫を亡くす。夫の財布から出てきた女性のカード。携帯電話に残るその女性とのメッセージ。気になりドーバー海峡を渡り、彼女の家に赴くと、家政婦と間違われ仕事を引き受ける羽目に。
Movie

『サマーフィルムにのって』2021年邦画No.1の面白さなんじゃないかと思っている 【東京国際映画祭2020レポート】

邦画名作オマージュが散りばめられ、でも味わいはオリジナルで新鮮な感動を与えてくれます。ラストシーンは素晴らしく胸を動かされましたし、時を戻してこんな青春を味わってみたかったなと思わせてくれる作品です。絶対おもしろいと思ってもらえるはずです!この映画を私は全力で推します。