『アンダードッグ』惰性の噛ませ犬の負け様を見届ける【東京国際映画祭2020レポート】

日本タイトルに手をかけ頂点を目の前にして負けたボクサー、その栄光にしがみつき噛ませ犬と呼ばれてもボクシングにしがみつくボクサー末永晃を森山未來が演じています。

前篇においてのもうひとりの主役と言っても良い、宮木瞬を勝地涼。冴えない芸人で番組企画で芸能界引退を掛けてボクシングに挑戦。

末永晃に挑んでいく過程で、”勝ちたい”という想いが芽生え、半端から抜け出そうともがく姿は感動します。

前篇の宮木瞬、それを演じた勝地涼は舞台挨拶で森山未來が観客に称賛を煽ったとおり、素晴らしいものがあり俳優としての力量を見せつけられました。(勝地涼さん、本当にすごかったです。)

後編は、若き悪童ボクサー大村龍太にフォーカスを当てて物語が進行します。前篇から末永晃には絡んでくるのでなんとなく後編のハイライトに関わる人物なのは想像がつきます。才能に溢れ、家族の幸せにも恵まれ、だが過去に闇を抱えているという影をうまく北村匠が演じていました。

この映画の登場人物はすべて汚れや後悔、人生の過去や歩んできた道に後悔だったり、固執していたり、ここでいうアンダードッグとは過去から抜け出せない人たちの総評に思えます。

本当のアンダードッグはちょっとやそっとじゃ変われないし、でも変われないわけでもない。

この映画では「負ける」だけでは足りない。
「負けきる」ことの重要性を人生で説いているように感じました。

主人公、末永晃はことごとく最低に描かれています。自分よがりで他人を思いやらず、自分の都合の良いところに落ち着くための偽善な優しを他人に向けたり。

しかしながら、最低とはいえ、自分も含め誰もが自分の振る舞いに感じたことがあるのではないでしょうか。一歩歩みを間違えれば自分もなり得るアンダードッグがスクリーン上にいるため観客はこの末永晃に目を奪われ、気持ちを近くしてしまう気がします。リアルですぐそこにある地獄、そこから這い上がろうとあがく姿は否が応でも胸に響きます。

また、そのドラマを熊谷真実や二ノ宮隆太郎といった名優が脇を固めており、ボクシング演出も専門家の指導と長期に渡るトレーニングと、緻密な演出でリアリティーを追求しています。

前編のラストマッチは4回戦、後編のラストマッチは8回戦の試合です。華やかなタイトルマッチでラストを迎えるわけでもありません。ですが、殴ることに取り憑かれた拳の表現者たちのリングでの煌めきはロッキーよりも残酷で現実的な感触を得ると想います。

11.27公開『アンダードッグ』予告編

本作は11月27日(金)に前・後編、同日公開。

その後、年明け2021年1月1日よりABEMAプレミアムにて全8話一挙配信という形式をとります。

ABEMAでの配信版では、映画では表現できなかった、登場人物をより理解できる(配信ならではの)過激な描写もあるようなことを武正晴監督は匂わせていました。

それぞれのメディアのかたちで深堀り広がりができる作品に創り上げたようです。

映画に興味有る方は、私の場合は映画祭ならではのイッキ見でしたが、前編は勝地涼(宮木瞬)が本当に素晴らしいのでその余韻を残しつつ、一拍おいてから、後半に臨むのも良いと思っています。