『望み』- 代わり映えしない背景と変わりゆく表情、役者だけが動く映画 –

Story

一級建築士の石川一登と妻・貴代美は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高1の息子・規士と中三の娘・雅とともに幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。
冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もうひとり殺されているという噂が広がる。
父、母、妹ーそれぞれの<望み>が交差する。

公式サイトより

Staff/Cast

監督:堤幸彦
原作:雫井脩介
脚本:奥寺佐渡子
主題歌:森山直太朗
プロデューサー:二宮直彦、天馬少京、千綿英久、内山雅博

出演:堤真一、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太

簡単な感想『望み』

惹かれた/興味深かった点
  • 「情報」に左右されるメンタルの振り幅
  • 家族の強さと脆さ
  • 結末までの過程すべて
  • エンドロール森山直太朗の歌(カタルシス的)

どんな人向け?
  • ”演技のぶつかり合い”が好きな人
  • 緊張感のある映画が好きな人
  • 家族を持つ親/子供(中学生以上)

ひとこと

観終わった後に、登場人物それぞれの目線でこの映画を振り返ると、また面白く、それはこの映画には答えがないからだと思います。だれも正義でも悪でもないし、正解でも不正解でもないし、どれも理解できる。無理して映画に答えを求めない、それは世界の理と一緒だと思いました

駄文的長文な感想論『望み』

結末までのプロセス、セリフの行間、に醍醐味が凝縮された映画

建築家である父がデザインした家、隣りにある事務所、駐車場と狭い路地、大半のシーンがこのロケーションで描かれているように記憶しています。

息子が行方不明になり、被害者なのか、加害者なのか、情報が少しずつ露呈していく中で家族がどう「望み」を持っていくか、心の保ち方が細かく描かれています。

私は原作を読まずして劇場に臨みましたので、息子を待つ残された家族側の視点を持って映像に見入っていました。原作を読んだ方と読んでない方で、この映画は見え方が大きく変わるでしょう。

結論を観る映画というよりプロセスを観る映画の色合いが強く、そのプロセスは結論を知らないことによって映えるものなのではないでしょうか。

代わり映えのない景色の中で、変わっていくそれぞれの登場人物の表情は、観客の心拍数を上げてきますあし、喉元抑えられたような息苦しさもあります。

ポップコーンが食べにくい映画かもしれません。

「情報」への向き合い方

加害者なのか、被害者なのか、白と黒に至らない灰色のグラデーションの中で、皆が早々にわかりやすさを求め、それが攻撃性に点火していきます。

画面を通して見るとワイドショーに先導される群衆のようで滑稽に見える瞬間もあるが、家族の心情で観るとそれは地獄です。家族も覚悟という名の中で、極端な答えを想定し、何がベストなのかを探りながら断崖の端で精神を保っています。

誰かが得た情報、その裏付けもわからず、事実風な真実で、人への攻撃をするというのは盲目的ゆえ怖いなと思えます。
でも、家族としては真実が知りたく、少しでも、可能性の範疇のものでも、情報がほしい。
だれにとって必要な情報をどう扱うか、というのは至極繊細で、それはメディア含め誰もが発信できる現代においては全員が考えるべきことです。

「存在」と「存在の仕方」を問う葛藤

「存在」を愛するか、「生き方」を愛するか。

他人においては好きな生き方をしている人に惹かれますし、近くに存在していても馬が合わない人はいます。

ただ、現代社会においてなお、家族は「血」によって強く縛られています。

そして「存在」も大事だが、「生き方」にも大きく影響をもたらしている事実があります。ゆえに限りなく自分に近い他人に対して問題が起きたときに、それを自分のものではないと分離することが大半の人ができないと思います。

母親の望みは息子が生きていること。父親は加害者でないこと。

極端にそれのみを望んでいるわけではないが、「生」と「生き方」その両方を天秤に掛けられている家族は想像するだけでエグい。

この映画を通して、自分ならどうするか、なんて考えなくて良い気がします。答えがでないので。

心理的に寄り添うべきは息子側に立ったほうが主体的なところで糧になることはあるかもしれません。

劇中では残された家族側と心を同じくして、鑑賞後は失踪した息子側の視点で振り返ってみる。これが面白い観方かもしれません。

作風的に、こんな言い方は適切ではないかもしれませんが、とてもエンターテイメントな作品だと個人的に思っております。